A・Cocker・Spaniel
by lulu_auron
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
残暑見舞い申し上げます。
8月も最後だけど、今年はまだまだ暑い日が続きそうですねっ
お久しぶりですが、お変わりないですか?

前回の溶血性貧血のときは
ステロイドの注射と飲み薬で改善したのよねぇ。。
両方とも自己免疫性だから根本的な治療は同じ
でも今回は2種類のステロイドを毎日注射したけど
血小板の減少は改善が診られずに
体内で出血が起こり吐血・血便・血尿になって
血小板以外の血球系の数値まで急激に下がって
危ない状態になり入院して輸血したわぁ
それで免疫抑制として抗がん剤を使う事になり
ステロイドと併用してますよぉ

8月は抗がん剤の投与に毎週病院に通ったわぁ
投与後は3日間くらい嘔吐と下痢の副作用があるけど
輸血で正常値まで戻った血球系の数値を維持して
問題の血小板も高い数値を維持できてるわぁ

今の良い検査結果が保てれば
来月は抗がん剤治療も徐々に減らしていく方向だよぉ
静脈注射なので留置針姿のルー子です
c0206682_19593187.jpg
みなしゃんも残りの暑い日々を乗り切ってくだしゃいねー
ルー子も病気を乗り切りましゅよぉー


そそっ、アー坊も暑さに負けず頑張ってます ^^♪

by lulu_auron | 2010-08-31 21:13 | ペット
記録日記。
2回目・3回目・4回目の抗がん剤注射が終了
抗がん剤前の血球検査は
PLT(血小板数)が99.9万/ulで
他は正常値をキープしてる

c0206682_13375198.jpg
頑張って通院するルー子

副作用はユル便だったり嘔吐だったりが
接種後3日間くらい続くけど
それ以外は元気で食欲もある
大きかったしこりも小さくなり
腹部の紫斑も無くなった
その代わり、抜け毛が多くなる

いまのところ順調にきてるので
内服薬を減らし、5回目の抗がん剤は2週間後になった
16日からプレロン錠1日1回2錠

by lulu_auron | 2010-08-30 13:34 | ペット
記録日記。
退院の当日(2日)まで血便だったが
翌日(3日)には普通の便に戻る
4日に嘔吐(血はなし)
副作用が表れたのでアーロンと同じサプリメント
Dフラクションをルールーにも使う

腹部の点状出血は徐々に薄くなってきたが
その奥に紫斑が広がる
右の足の付け根部分(コルチコステロイド剤注射を打った場所)に大きいしこり発見
注射の針で出血ししこりになったらしい
腹部の紫斑もその時の血が腹部に集まった結果らしい

【5日の血球検査】
PLT(血小板数) 83.6万/ul
その他は正常値
c0206682_13301917.jpg
ルー子安静用のサークルにアー坊in

【8日の血球検査】
PLT(血小板数) 99.9万/ul
その他は正常値
この日は2度目の抗がん剤注射
内服薬プレロン錠1日1回3錠

元気も食欲もある

by lulu_auron | 2010-08-08 13:14 | ペット
記録日記。
病院に迎えに行くと
元気でホッとした

【血球検査】
WBC(白血球数) 266×100ul
PLT(血小板数) 99.9万/ul
その他は正常値

輸血の効果でほぼ正常値に復活
免疫抑制として使用した抗がん剤(ビンクリスチン)で血小板数も急増
抗がん剤の治療中は血小板の数値はこれで良いらしい
今後抗がん剤は一週間毎に静脈内注射
内服薬も処方される ステロイド剤(プレロン錠)1日1回3錠

by lulu_auron | 2010-08-02 13:00 | ペット
記録日記。
食欲が落ちる
吐血・血便
病院へ行く前は
数メートル歩くと倒れる状態

【体重】
7.1kg
【血球検査】
HCT(ヘマトクリット値) 14.3%
HGB(ヘモグロビン) 4.5g/dl
RBC(赤血球数) 205万/ul
WBC(白血球) 192×100/ul
PLT(血小板数) 低すぎて計測不可

輸血と同時に抗がん剤(ビンクリスチン)を開始
過去に輸血の経験があると抗体が作られて
拒否反応が出る場合がある為、一晩入院した

by lulu_auron | 2010-08-01 12:30 | ペット